重伝建地区エリアマップ
五條新町通り周辺ガイドマップ
簡易マップ

重要伝統的建造物群保存地区とは
町並み写真
重要伝統的建造物群保存地区(じゅうようでんとうてきけんぞうぶつぐんほぞんちく)とは、市町村が条例等により決定した「伝統的建造物群保存地区」のうち日本の文化財保護法第144条の規定に基づき、特に価値が高いものとして国(文部科学大臣)が選定したものです。

2010年12月24日
五條市、五條1丁目、本町2丁目、新町1・2丁目、二見1丁目、同4丁目にまたがる約7ヘクタールが重要伝統的建造物群保存地区に認定されました。
奈良県内では、橿原市今井町、宇陀市松山地区に次いで3例目になります。


伝建地区マップ