五條 新町通り
五條市伝統的建造物群保存地区保存計画の概要
伝統的建造物群や、これと一体をなす環境を保存すると同時に、その活用を図りながら住民の生活向上に努めます。
住民は、保存地区内の伝統的建造物及び環境物件に対して、市が定める基準に応じて伝統的町並み景観の保存に主体的に取り組みます。
市は、保存整備計画に基づく修理・修景などの事業に対して必要な経費の補助をおこなうほか、物資の提供・斡旋、資金の融資、技術的支援等を行うことができます。また、保存地区の保存のために必要な管理施設や防災施設、環境の整備を行うことができます。

伝統的建造物とは
建造物 01
昭和前期以前に建てられ、五條新町の伝統的な町家建築の主屋及び付属屋、近代建築等の諸特性をよく表していると認められるものなど

建造物 01
五條・新町の伝統的な町家建築等と一体をなすもので、昭和前期以前に建てられ、伝統的な工作物の諸特性をよく表していると認められる門・塀・石積など

環境物件とは
環境物件とは
五條新町の伝統的建造物群と一体をなす環境を保存するため、特に必要があると認められる物
土地・自然物など

保存整備計画

◆伝統的建造物の修理については、修理基準を適切に運用して、保存地区の伝統的景観を保存する。

◆伝統的建造物では、伝統的様式にそぐわない改造・修理が加えられている部分については、当該建造物の履歴調査の上、然るべき旧状に復するための修理を基本とする。

◆伝統的建造物以外の建造物の修景にあたっては、修景基準により、保存地区の景観の維持・回復を図る。

◆環境物件の復旧にあたっては、修理基準を適切に運用して、復旧することを基本とする。

◆環境物件以外の環境要素の修景にあたっては、保存地区の伝統的景観の維持・回復を図るよう整備を進める。

◆条件によっては、保存地区の形式を良く伝える町家等の物件を公有化し、内部までを保存して、公開・活用施設として整備することを検討する。

伝統的建造物の修理や、伝統的建造物以外の建造物の新築・改修、修景などには、町並みの歴史的おもむきを守るために、それぞれに市で定める基準があります。この基準に沿って行われた工事等に対し、市が補助を行います。